【加齢】高齢者の老人性難聴『耳鳴り』に

【加齢】老人性難聴に「アスタキサンチン」とは?その効果
最近、サプリメントなどで注目されている「アスタキサンチン」は、赤い食べ物のその赤色の成分「カロテノイド」という天然の成分です。 アスタキサンチンは魚介類、エビ、カニ、サケ、いくらなどに含まれています。 このアスタキサンチンがなぜ注目なのか?
【加齢】老人性難聴に「オリーブの葉」の効果
オリーブと言えば、その実に栄養が豊富なことで有名ですね。 健康食品としてもよく扱われていて、オリーブオイルなども体にいいことで知られていますね。 実は、オリーブの葉っぱも健康にいいといわれているのです。 オリーブが多く栽培されている地中海地方
【加齢】老人性難聴に「赤ブドウの葉」の効果
赤ブドウと言えば赤ワインが思い浮かぶのではないでしょうか。 血液の循環をよくするポリフェノールが多く含まれていることで知られますね。 乳製品を多く摂取するフランス人が動脈硬化か心疾患で命を落とす人が少ないのは、赤ワインのポリフェノールの効果だと言わ
【加齢】老人性難聴「老化を防ぐ」ビタミンの効果
ビタミンは体に絶対必要な5代栄養素の1つで、生きて行くために絶対必要です。 体からビタミンが無くなると死んでしまうと言われています。 免疫力を上げ、病気を予防し、疲れや傷を治すにもビタミンが使われます。 体の機能が正常に働くように体調を整えて代謝
老人性難聴『耳が遠い』原因
歳を取り、高齢になってくると「耳が遠くなった」と感じるようになります。 高い声の人の話や、体温計のピピピという音など、高い音が聞きとりにくくなってくるためです。 「耳が遠くなったな」と感じるのは、身近な音が聞こえにくくなるからです。 加齢での
老人性難聴の特徴はどれ?
まず老人性難聴は加齢が原因で起こる感音性難聴のことなのです。 感音性難聴は内耳に障害がおこることで起きる難聴で、外から伝わってきた音を感知して、電気信号として脳に送る役割をしています。 内耳を損傷することで外からの音をうまく感知できず、ちゃんと脳に信号