注目の成分「アスタキサンチン」の効果とは

最近、サプリメントなどで注目されている「アスタキサンチン」は
赤い食べ物のその赤色の成分「カロテノイド」という天然の成分です。

アスタキサンチンは魚介類、エビ、カニ、サケ、いくらなどに含まれています。

このアスタキサンチンがなぜ注目なのか?

アスタキサンチンには強い抗酸化作用があると言われています。

どういうことかと言いますと
食べ物が酸素に触れることで変色したり、金属も錆びていきますよね。
これを酸化と言いますね。

それと同じように人の体も、加齢とともに酸化していくのです。

体の酸化は老化、認知症、また生活習慣病や癌など・・・
いろんな病気の原因と言われています。

その酸化に強い抵抗力をもつのがアスタキサンチンです。

その強さをわかり易くいいますと
ビタミンEの1000倍、ビタミンCの6000倍、βカロチンの5倍、コエンザイムQ10の150倍以上と言われています。

その強い抗酸化力でダメージから細胞を守り、酸化を防ぎ、体を若々しい状態に保ちます。

酸化を防ぎ、老化防止、疲労回復、抗炎症、免疫力UPなど。

老人性難聴の耳鳴りは加齢、老化が原因と分かっていますので、効果があると言うことですね。

そして、脳や目にもダイレクトに届くので脳の老化を防いで、脳の病気予防にも効果が期待されているのです。

摂取の仕方としては赤い海産物を食べることが主になるでしょうか。
なかなか必要な栄養量の摂取というのは難しいので、サプリメントでバランスよく摂るのがおススメです。

アスタキサンチン配合おすすめサプリメントはこちらをお読みください。