赤ブドウの葉の成分と効果

赤ブドウと言えば赤ワインが思い浮かぶのではないでしょうか。 血液の循環をよくするポリフェノールが多く含まれていることで知られますね。 乳製品を多く摂取するフランス人が動脈硬化か心疾患で命を落とす人が少ないのは、赤ワインのポリフェノールの効果だと言われています。 赤ワインでもその効果が分かるのですが、実は、赤ブドウの葉っぱには、実よりももっと多くのポリフェノールが含まれているのです。 その含有量は赤ワインの100倍~300倍なのだそうです。 そんな赤ブドウの葉は古くからヨーロッパで健康茶として飲まれてきました。 ポリフェノールの効果は血液の循環をよくし、老化を防ぎます。 また、生活習慣病の改善などにも効果があります。 そして、赤ブドウの葉にはもう一つ、アントシアニンという成分が含まれています。 アントシアニンは血液の流れを改善し、動脈硬化の予防に効果があります。 老人性難聴の耳鳴りは、血液の流れの良し悪しで、進行度合いが変わることが分かっていますから、効果があると言うことですね。 この他にも健康にいい成分が含まれていて、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす効果があり、動脈硬化にも効果があります。 赤ブドウの葉配合おすすめサプリメントはこちらをお読みください。