【加齢】老人性難聴に「老化を防ぐ」ビタミンの効果

ビタミンは体に絶対必要な5代栄養素の1つで、生きて行くために絶対必要です。
体からビタミンが無くなると死んでしまうと言われています。

免疫力を上げ、病気を予防し、疲れや傷を治すにもビタミンが使われます。

体の機能が正常に働くように体調を整えて代謝をよくし、健康でいられるように働きます。

そんなビタミンは全部で13種類。
栄養バランスを考えた時に絶対必要な「ビタミン類」なのです。

水に溶けるビタミンと脂に溶けるビタミンの2種類に分かれ、働きもそれぞれです。

水に溶けるビタミンはすぐに体の外に出てしまうので、毎日、摂る必要があります。
ビタミンB1,B2,B6,B12,C、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの9種類。

脂に溶けるビタミンは体の外に出にくいので過剰摂取に気を付けなければなりません。
ビタミンA,D,E,Kの4種類。

これらのビタミンが作用しあって上手く働きます。
どれか一つが欠けてもダメなのだそうです。

老人性難聴は老化が原因ですよね。
老化は体が酸化して錆びていくことです。

ビタミンの中でもビタミンCとEは強い抗酸化作用があると言われています。

老化防止効果があるので老人性難聴にも効果が期待できるわけですね。

ですがビタミンEは脂溶性なので体から抜けにくいのです。
過剰摂取は体に悪いので、バランスを考えて作られたサプリメントなどで摂取するといいですね。

ビタミン類配合おすすめサプリメントはこちらをお読みください。