老人性難聴『耳が遠い』原因

歳を取り、高齢になってくると「耳が遠くなった」と感じるようになります。

高い声の人の話や、体温計のピピピという音など、高い音が聞きとりにくくなってくるためです。

「耳が遠くなったな」と感じるのは、身近な音が聞こえにくくなるからです。

加齢での耳が遠い原因は老化です。
そして大きな音や騒音も耳の老化を早めてしまいます。

長年の騒音で音を脳に伝える有毛細胞がだんだん壊れて行きます。

ちょっとだけ説明しますと、有毛細胞には外有毛細胞と内有毛細胞の2つに分かれています。

外有毛細胞は大きな音の中では小さな音を大きくし、静かなところでは大きな音を小さくする働きがあります。

大きな音の中で常にいるような環境だと、常に小さな音を大きくして聞き取りを良くしようと働き続けるので、歳が行くと老化が早くなるということなのでしょう。

この外有毛細胞が壊れていると、人の話し声は聞こえるけれど、何を言っているかはっきりわからない症状が出てきます。

老化を早めてしまうので、どんどん耳が遠くなってしまうのです。

老化を食い止めるためには、耳の血行をよくすることです。

耳の血行が良いか悪いかで老化の進行具合が違うことが分かっているので、体の血行をよくし新陳代謝を良くすることが大事です。


老化からくる老人性難聴におすすめサプリメントはこちらをお読みください。