老人性難聴の症状と特徴

まず老人性難聴は加齢が原因で起こる感音性難聴のことなのです。
感音性難聴は内耳に障害がおこることで起きる難聴で、外から伝わってきた音を感知して、電気信号として脳に送る役割をしています。

内耳を損傷することで外からの音をうまく感知できず、ちゃんと脳に信号を送ることが出来なくなってしまいます。

そうして老人性難聴になってしまいます。

よく聞く「耳が遠くなる」という症状は、老人性難聴の特徴です。

この他に老人性難聴の特徴としては

・両耳が難聴になる
・言葉が聞き取りづらく、聞き分けにくくなる
・高い音が聞き取りづらく、わからなくなる
・耳鳴りがする
・内耳を損傷している
・老人性難聴の治療はできない
・糖尿病や動脈硬化などになっていると、難聴が酷くなる

です。
老人性難聴は加齢による老化が原因だから治療法もないと言われます。

ですが、耳の血行が悪いと難聴の進行が早まることはわかっているので、血行を良くすることを心がける様に医者に言われました。

食事に運動に身体が衰えないように気を付けて続けていくことはとても大変です。
限界もあります。

そんな時、サプリメントなど健康食品で栄養を摂ると栄養のバランスがとれて健康でいられると感じました。

老化からくる老人性難聴におすすめサプリメントはこちらをお読みください。